どうして白髪ってできるの?

30代半ばを過ぎた頃から、だんだん気になりだす白髪。

そもそも、白髪ってどうしてできるのでしょうか?


また、同い年でも人によっては多かったり、少なかったりしますが

何ででしょうか?

白髪ができる原因について調べてみました。



白髪には2種類ある!?

髪の毛が黒いのは、メラニン色素のおかげ。

そのメラニンを作ってる細胞が、髪の毛をつくりだす毛母細胞に

メラニン色素を届けることで、髪は黒くなっています。


このメラニン色素が何かの原因でつくられなくなると、白くなります。


また、白髪には2種類のタイプがあります。

1、メラノサイト(色素形成細胞)がありながらメラニン色素の

合成をしない休止型


2、メラノサイト自体が減少・失われている欠失型


ほとんどのひとは欠失型と言われています。



白髪の原因って?


*加齢

白髪の多くは、この加齢によっておこります。

でも人によって個人差がかなりあるようです。


*遺伝的なもの


白髪には、なりやすいひと、なりにくいひとがいます。

遺伝的なものが多いようです。

若白髪(10代から20代)がでるのは、メラノサイトの生存や

髪を黒くするのにとても重要な遺伝子が低いというのが

分かっています。


*精神的なストレスなど

ストレスがたまったり、栄養が足りなかったり、代謝障害が原因となる

こともあります。

また、薬の副作用ということもあります。



まとめ

白髪は、色を作るメラノサイトという細胞の働きが弱くなったり、

死んでしまうことが原因。




正しいケア方法

今は、地肌を傷めずに白髪を目立たなくする、ヘアカラートリートメント

というとても優秀なケア商品が販売されています。

是非取り入れて、キレイな若々しい髪を維持していきましょう。


>>>おススメのヘアカラートリートメントの詳細はコチラ



この記事へのコメント